火災共済で、お世話になりました。感謝しています。

夫婦で、県民共済に加入しています。
火災共済にも、加入させていただいています。
火災共済も、なにごとも無く、使わないのが一番だとは思います。
しかしながら、我が家は火災共済にお世話になりました。

 

自宅の裏のお宅が全焼しました。
1本道を挟んでいた向こう側でしたが、燃え上がる炎はどうすることもできませんでした。
大勢の人が集まってきて、それはそれは大騒ぎです。

 

お手入れして、新たに植えたばかりの家庭菜園は全滅。
消火後もくすぶる臭いと煙・・・。
それはそれは、恐ろしい光景でした。

 

幸いにも、ご近所に延焼はしませんでしたが、煙や灰が壁に張り付き大変でした。

 

我が家では、窓を閉め急いで雨戸も閉めましたが、それでも窓ガラスが一部割れてしまいました。
後日、消防隊員さんに窓ガラスを確認していただき共済へ連絡しました。

 

そのときの対応ですが、本当に心配してくださっているのが伝わり安心した記憶があります。

 

「お怪我は、ありませんか?」
「びっくりされましたね」
などなど、いろいろお気遣いのお言葉いただきました。
事務的な対応ではなかったので、嬉しく安心できました。

 

燃え盛る炎と煙・・心臓はバクバクしているときに、励まされる言葉でした。
本当に、感謝です。

 

連絡しないのが、何事もなく平和なのですが、本当にいざというときに頼りになると改めて思いました。
加入していて良かったです。

 

知人にもおススメしています。
「イザという時が無いのが一番だけど、万が一のイザという時に、頼りになるよ!」と。
もし、最初に連絡させていただいた時に、事務的な対応で、ただ手続きのみの案内だったとしたら、その後も、なかなか落ち着けなかったかもしれません。
人って、怖かったこと等も他人に共感してもらい話を聞いてもらうことで安心できるってことありますよね。
本当に、感謝です。

 

健康にも、気をつけて、これからも元気で暮らしていけたらと思います。

関連ページ

県民共済のメリット・デメリット
県民共済のメリットはやはり掛金が安いことです。共済というのは保険ですが、生活協同組合が運営しており、営利を目的としておらず、組合員の出資金で運営しているため、掛金が安く設定できます。デメリットはやはり掛け捨てということです。
共済でつくるスーツ
共済といえば、「保険」というイメージが強いと思います。しかし、その他にも取扱している商品があります。そのひとつが、「イージーオーダースーツ」です。これを取り扱っているのをご存知の方は、あまり多くないかもしれません。生地によって値段が変わりますが、BEAMSやSHIPS、UNITED ARROWSといったセレクトショップで売られているスーツよりもかなりリーズナブルな価格で、つるし(製品として完成された状態で売られているスーツで、裾上げ等の微調整のみ可能)ではなく、自分の体型にフィットするように、採寸をしてもらった、とても着心地の良いスーツが手に入ります。