老後の資金といえば年金

老後の資金といえば年金ですね。
公的年金の支給額は現在年間約77万円程で、月に換算すると、月6万円程度です。
月6万では老後資金として十分とは言えないですよね。
自分の身は自分で守っていかなければいけません。
しかも、公的年金は受け取り年齢がどんどん引き上げられて、いつ受け取れるようになるのか分かりません。

 

であれば個人年金で公的年金を補うのはどうでしょうか。
保険機能は低いですが、貯蓄型として安定しています。

 

さらに確定拠出年金であれば、もらえる年金額が決まっている従来の年金(確定給付型年金)と違って、年金原資を加入者自身の責任で運用し、その運用結果に応じて年金額が増減する仕組みになっています。
自分の運用に自身があるのであれば、利用するものありかもしれません。

 

次に、生命保険も兼ねて積立ができる低解約返戻金型終身保険も運用によってお金が増えたり、減ったりはせず、安定して積立をすることができます。
そして保険料を満期まで払込みを終えればお金が増えるので、安心して掛金を預けることができると思います。
ただ、途中解約すると、解約返戻金は預けた掛金からかなり減ってしまうので、解約せずに満期まで払い込みをすることをおススメします。

 

老後に最低限度の生活を送るのに必要な金額は、生命保険文化センターが行った意識調査によると、夫婦2人で最低平均22万円という結果がでているそうです。

 

夫婦ふたりでそれぞれ年金を受け取り、保険が満期になれば確保できそうな金額です。

 

しかし、公的年金には落とし穴があります。
最近、知り合いから聞いたのですが、ご主人が亡くなり、遺族年金を受け取ろうとしたら、奥様自身が年金を受け取っているから、遺族年金は受け取れないと言われたそうです。

 

近所に住んでいる夫に先立たれた知り合いは専業主婦だったそうなんですが、遺族年金を受け取ることができ、その年金の金額が知り合いより倍以上あるそうなんです。

 

働いていた人に不利な今の制度は改定しないと、年金を支払う人が減ってしまい、その分、払っている人に負担が掛かってしまいます。
遺族年金と自分の年金両方受け取りができないのであれば、どちらかを選択できるようにしたらどうでしょうか。

 

年金加入期間が25年から10年に短縮されると聞きました。
かなり金額は少ないとしても何もないよりはあったほうがいいです。
最近の高齢者は元気ですから、働きながら年金を受け取るシステムがよりよい形になってほしいと思います。