予定利率での長期固定金利商品になりますがよろしいですか?

終身保険とは、保険者が生きている間が保険期間となり、死亡したら保険金受取人に保険金が支払われる保険になります。

 

扶養している家族がいる場合に有効な保険になると思いますが、亡くなった後の生活費を終身保険で賄おうとすると支払う保険料がかなり高額になります。
保険料を支払う事のできる方なら良いのですが、一般的な家庭の方は現実的な方法では有りません。

 

終身保険と言っても、生命保険や医療保険などが有ります。生命保険(死亡保険)は契約した保険金が保険者が死亡時に受取人に支払われます。
医療保険での終身保険は保険期間が終身で、死亡時に保険金が支払われないタイプが有りますので、保険証書を確認する事をお勧めします。

 

保険料の支払う方法も終身(生きている間ずっと)と一定期間(○○歳までとか)が有ります。
死亡したら受取人に保険金が支払われる保険ならば死亡する前に解約しても解約返戻金が受け取れます。
もし今後の終身保険の保険料を払う事が困難な場合は、見直しが必要になります。

 

見直し方法としましては、減額(将来受け取る保険金を減らすので保険料は減ります)や払い済み(支払いをストップし、今までの解約返戻金を基に終身保険を買い直すため将来の保険金は減ります)や解約が有ります。

 

もし生活していくのが苦しい場合は解約してお金を受け取るという方法も有りだと思います。
今から終身保険の加入を検討されている方は、検討されている保険の予定利率を確認して下さい。現在の予定利率は1%無いと思います。

 

1%有れば良いと思いますが、支払った保険料から保険会社の経費が差し引かれた後の金額を予定利率で運用することになります。
運用は保険会社がやりますが、マイナス金利の影響で今は予定利率がかなり低いですし死亡するまでの長い間、長期固定金利となりますので良く考えてから保険に加入することをお勧めします。

関連ページ

65歳まで現在入る月額三千円の保険は、終身保険に入る事が出来るメリット
保険を65歳までかけていたら、お得な終身保険に入ることができるのです。二か所の生命保険を掛けているために、一つを止めようかと思い受付まで出向いていきました。でも止めようと思った保険会社は、お得なその終身保険がある事を知り、もう一か所の保険会社を止めようと思っています。
円建てと外貨建ての終身保険
安全志向の方は円建ての終身保険を選択することをお勧めしますが、リスク分散という考え方で外貨建ての終身保険を選択することも検討してもいいのではないでしょうか。例えばマイナス金利という日本の現状からすれば、海外の高金利は魅力的ですし、今後のインフレリスクのことを考えれば、外貨建て商品の方が有利になる可能性もあります。