ガン保険についての説明

ガン保険とは、文字通りガンになった時しか給付金は支払われません。なので、普通のケガや病気の保障の対象外となります。

 

ガンの治療というのは他の病気と比べて高額になるため、ガン専門の保険が販売されています。そして、他の病気より治療法はたくさんあるので、ガン保険も医療保険などにない特徴があります。

 

押さえておきたい特徴として、まずは「がんになった時の保障が手厚い」ことです。一般的に、ガン保険に盛り込まれている主な保障内容は、診断給付金、入院給付金、手術給付金、通院給付金とあります。

 

次は「入院給付金の上限日数がない」ということ。医療保険では、入院した場合でも1回の入院限度日数と通算限度日数により、入院給付金の支払い日数が制限が設けられています。同じ病気で繰り返し入院しても、所定の日数が過ぎていないと1回の入院とされてしまい、給付金を受け取れない可能性があります。

 

それに対し、ガン保険は入院給付金は入院日数に無制限に設定されています。あとは「大きな診察一時金がある」です。医療保険は病気と診断されても一時金を受け取れませんが、ガン保険のほとんどの商品はがんと診断されたら100万円というように診断された時点で高額な一時金が受け取れます。

 

ガンになった場合は、治療費が高額になるためや仕事に支障をきたすため、生活に大きな影響が出る可能性があるので一時金が出るようになっています。

 

最後は、「免責期間がある」です。一般のガン保険は契約3ヶ月はガンになっても保障を受け取れません。というのを理解して自分はガン保険と医療保険を一緒に入っています。医療保険だけでは、ガンになったら給付金は支払われませんので。家族が困ることになることを考えたら一緒に入っている方が安心です。