まさかの入院で助かりました!!

息子を出産してしばらく経った頃に保険会社で働いている友達から「ノルマが達成出来ないから協力して」と泣きつかれ保険に加入する事になったんです。

 

息子の学資保険くらいなら〜と思っていたら医療保険も一緒にと言われました。

 

加入当時は息子がまだ生後半年くらいだったかな。

 

うちの市は未就学児は医療費がかからないから医療保険は要らないのに…と思いましたが「何があるか分からないんだから!」と強く説得され加入する事になったんです。

 

お守り程度に保険に入っておくかという気持ちだったのですが、まさかの事態が起きたのが息子が3歳の冬の事です。

 

息子がノロウィルスに感染してしまい、激しい嘔吐下痢が続くので病院に行き点滴をしてもらったのですが、3歳の息子は点滴をひどく嫌がり何度も引っこ抜いてしまうんです。
見かねた医者から「このままでは脱水症状になるかもしれないから入院して」とまさかの一言。

 

グッタリした息子を連れての入院の準備はなかなか大変でしたよ。
私も一緒に寝泊まりしたのですが、院内感染を防ぐために個室だったのでまだ気が楽でした。
当初は3〜5日の入院と聞いていたのに、一旦良くなったものの途中でぶり返して酷くなり、結局トータルで9日間もの入院となったんです。

 

医療費は無料なので、入院中の支払いは食事代や冷蔵庫の使用料くらいだったはずです。
支払額はトータルでも1万かかったか程度だったと思います。

 

加入していた医療保険が1日5000円の補償だったのですが、5000円×9日分に加えて特約でお見舞金もプラスされ7万円くらい支払いがあり驚きました。
10日以上の入院なら診断書が必要だったらしいのですが、9日間なら入院証明書や領収書があれば簡単に請求出来ましたよ。
しかも別に県民共済にも加入していたのですごい臨時収入でした!

 

その時に支払われた保険金はしんどい思いをした息子の為にしっかりと貯金をしています。
お守りのつもりで加入した医療保険でしたが思わぬ所で活躍してくれました。
加入を勧めてくれた友達には感謝しています。

関連ページ

ただの腹痛かと思いきや…
ある日の午後、息子が通う幼稚園から突然「息子さんがお腹が痛いと言っているのですぐに迎えに来て下さい」と担任の先生から電話がありました。ちょうど主人も仕事が休みだったので、急いで一緒に迎えに行きました。息子は急にお腹が痛いと言いだしたとの説明を受けて、とり敢えず家に帰ろうと車に乗せた途端、息子は転げまわるように痛がり始めて私達もビックリ。息子はみるみる顔が真っ青になり苦しそうに痛みを訴えるので急いで救急へ向かいました。診断の結果は「腸重積」といい乳幼児に多い病気との事でした。
高齢者に優しい保険、お見逃しなく
高齢者にとってもう一つの希望は特に女性は長生きです。百歳も今はそんなにめずらしいことではなくなりました。終身保険もありますが、願わくば死亡保険はなくても医療保険に加入できる年齢が引き上げられると長生きも安心してできるのではないでしょうか。