ただの腹痛かと思いきや…

ある日の午後、息子が通う幼稚園から突然「息子さんがお腹が痛いと言っているのですぐに迎えに来て下さい」と担任の先生から電話がありました。

 

ちょうど主人も仕事が休みだったので、急いで一緒に迎えに行きました。

 

息子は急にお腹が痛いと言いだしたとの説明を受けて、とり敢えず家に帰ろうと車に乗せた途端、息子は転げまわるように痛がり始めて私達もビックリ。
息子はみるみる顔が真っ青になり苦しそうに痛みを訴えるので急いで救急へ向かいました。

 

診断の結果は「腸重積」といい乳幼児に多い病気との事でした。
発症から24時間が経過したら開腹手術になるところだったと説明を受け青ざめましたよ。

 

腸に高圧浣腸の処置をするが、万が一腸が破裂したらすぐに開腹手術をしますと言われ終わるまで生きた心地がしませんでした。
無事に処置は成功し、様子を見るために1日入院をする事になったんです。

 

息子はすぐに元気になり翌日には退院出来ました。
うちの市は未就学児は医療費が無料なので食事代と個室代位の支払いで済んだのですが、領収書を見たら高圧浣腸の処置が手術扱いと書いてあったんです。

 

念のために加入している医療保険の会社に問い合わせをした所、病院に高圧浣腸の手術コードを聞いてもらえば手術金の支払対象か確認出来ると言われました。
病院に問い合わせ手術コードを確認して保険会社に伝えた所、手術も支払対象で1日5000円の医療保険に加入していたのですが入院額の20倍の支払いで10万円もいただけてビックリ!

 

手術をしたつもりはなかったので、不謹慎ですが軽く棚ぼた気分でしたよ。
保険に加入した年代にもよって支払対象になる場合とならない場合があると言われました。
それに1日でも入院したから支払対象になったとも言われた様な覚えがあります。

 

私自身も医療保険には加入していますが掛け金を支払うばかりで一度も請求した事がないので、こんなにも保険が役に立つとは思わなかったです。
保険って普段はあまり必要性を感じませんが、いざという時の為にやっぱり入っていた方が安心ですね。

関連ページ

まさかの入院で助かりました!!
まさかの事態が起きたのが息子が3歳の冬の事です。息子がノロウィルスに感染してしまい、激しい嘔吐下痢が続くので病院に行き点滴をしてもらったのですが、3歳の息子は点滴をひどく嫌がり何度も引っこ抜いてしまうんです。見かねた医者から「このままでは脱水症状になるかもしれないから入院して」とまさかの一言。グッタリした息子を連れての入院の準備はなかなか大変でしたよ。
高齢者に優しい保険、お見逃しなく
高齢者にとってもう一つの希望は特に女性は長生きです。百歳も今はそんなにめずらしいことではなくなりました。終身保険もありますが、願わくば死亡保険はなくても医療保険に加入できる年齢が引き上げられると長生きも安心してできるのではないでしょうか。